自宅にビルトインガレージを設置してカーライフを充実させる


出費を省く

家づくりで細部にこだわりたいときには、注文住宅を選ぶのが理想的である。
特に設計の自由度の高さを生かして、狭小地や変形地でも様々な間取りの家が建てられるのが一番の長所であろう。
また重量鉄骨などの構造材を使うことで、柱のない広いリビングや4階建てのマイホームも実現可能であろう。
したがって立地条件の制約を克服して、二世帯住宅や賃貸併用住宅を実現することも可能である。
また屋上や屋根裏収納を活用した設計プランも選べるので、スペースの有効活用も実現できるであろう。
そのために自宅を建て替えることで、更に広いマイホームにすることも可能であろう。
そして広さのゆとりが暮らしの余裕につながるために、住む人の幸福も実現できるであろう。

注文住宅のこれまでの歴史は、コスト削減のための努力で表現することが可能である。
特に設計のためのソフトウエアの導入や、建材の工場での製造による作業の効率化で、建売住宅並みに価格が安くなったのが近年の特徴である。
また人々のニーズも大きく変化しているので、建築プランの最近の変化にも注目するべきである。
特に三階建ての住宅の比率が高まったことや、ビルトインガレージの割合が高まったことも最近のトレンドである。
またコストパフォーマンスの高さを考えて設計プランを選ぶ施主が増えたのも最近の特色であろう。
そのために断熱材をふんだんに使ったり太陽光発電を導入するなど、光熱費の節約が可能な様々な手段を組み合わせているのが最近の流行である。