自宅にビルトインガレージを設置してカーライフを充実させる


便利な駐車場

注文住宅で駐車場をつける場合、駐車台数を何台にするかは大きな問題です。
敷地の大きさにもよりますが、将来子供が車に乗った場合や、お客様が来た場合を考えると、できれば2台分の駐車スペースを確保したいところです。
郊外の土地であれば、平均的に2台分の駐車スペースがあったり、3台分確保されている場合もありますが、都心に近い場所ではなかなかそれだけの広さの土地を確保することは難しいです。
ただ、5坪ほどの広さがあれば駐車スペースは作成できますので、庭を少し狭くして駐車場を作るなど、ちょっとしたことで駐車スペースを作ることはできます。
注文住宅の場合ですと、まだ家の設計ができていない場合は、家のほんの少し狭くすることで駐車スペースの確保ができます。

では、そのように工夫して駐車場を作ることによるメリットはどのようなことがあるでしょうか。
今の日本のライフスタイルを考えると、平均的な世帯でも車を2、3台所有していても不思議ではありません。
駐車場代として支払うお金を考えると、何か工夫して駐車スペースを多く確保していたほうがかなりお得といえるでしょう。
また、庭にしてしまうと雑草の草引きをはじめとする庭の管理が大変ですが、駐車スペースにして地面をコンクリートにしてしまうと、大変な庭の管理をする必要がなくなります。
駐車スペースの作り方によっては、家全体をスタイリッシュに見せることもできますし、部分的に石を使うと、ナチュラルな雰囲気を作り出すことができます。